2020年第1回 英検準1級 1次通過。予想外の展開で非常に困惑している。

英検
英検バンドってなんだよこれ。まあ、ググるか。
いやいや、英作文同じ単語や言い回し何回も使いまくったし、3級レベルの単語しか使ってないぞ。これで15点とか本当に採点してるのか?

何で受かってんだよ、誰か別の情報表示されてるんじゃないか…だとしたらやばいだろこれ。

6/28に実施された英検準1級1次試験。

これまでTOEICに打ち込んできたのも、27年前にたいして勉強もせずに準1級不合格になり英語学習を放棄した自分を見返すために、TOEICから「英語のリハビリ」を始め、900点を超えてやっと準1級に踏み出る気になった。

当初は秋の第2回に向けて受かるよう3月頃から準備を進めてきたが、コロナで試験日が1か月延期されたので、ワンチャンあるかなと思ったのと、「お金(受験料)を払わないと勉強に本腰が入らない」自分の性格上、最終締め切り日の4/28に申し込んだ。

その日を境に「試験料8,000円を損したくない」一心で、(それ以上のお金をかけて)有料自習室に通ったり、対策本を買った。

そこからはコロナで1か月休みにはなったが、ほぼ毎日有料自習室で毎日遅くまで勉強をした。

パートの仕事、高齢母への食材配達、家族の食事を作る等いろんなことを並行して行うのに、何度も心身ともにボロボロなった。(そんな時の愚痴に毎度励ましてくれたTwitterの皆さんには感謝しています)

英作文が全くの未経験で、英作文がある限り、一生英検1次突破は困難だと感じ、近所の英検も含む総合英語塾に英作文だけで申し込むも、コロナの影響で休校になった既存の高校生優先と言われ、結局独学でやるしかなかった。

英検は27年ぶりなので実質初受験のようなもの。勝手がわからずWEB上のいろいろな情報に左右されたのも不安感が募ったきっかけであった。

当日は極度の緊張で吐き気と、トイレが近くなり、自己採点(あくまで某スクール発表)で長文が壊滅的で死んだと思った。

これだけグダグダ書いて何を言いたいのかというと

私のグダグダを聞いてくださった方、励ましてくださった方、本当に申し訳ありませんでした。ごめんなさい。

嘘ではなく、本当に全国行脚して土下座したいくらいです。

そして今困っていることは

  • (実は)お友達と一緒に、宅建受けようかと気持ちを切り替えつつあったのに(まだ申し込んでいない)どーすんのよこれ
  • スピーキングなんて3級レベルが精一杯だぞ、あと1か月半で絶対間に合わないだろ、どーすんだよこれ

うあああああ。何からやればいいんだよ2次対策
TOEIC L&Rしかできないんだぞおい。
めんどくせえええ


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました